あごが小さいうちに歯が生え代わってしまったり、虫歯や事故等で早くに歯が抜けてしまったりすると、永久歯が生えてきたときに十分なスペースが確保できず、狭い場所に歯が生えようとして、歯が押し合うことになってしまいます。

歯が押し合いへし合いをして生えてきたら、当然きれいな歯並びになるはずがありません。

あるところでは歯が前に出たかと思うと、また別の場所では歯が奥へ生えて行ったりして、全体的にガタガタの歯並びとなってしまいます。

ある箇所だけ歯が引っ込んだり生えるものの他の部分がきれいということではなく、全体的にガタガタになってしまった歯というのは、外から見た時に決して美しい歯並びとは言えません。

ではそういった歯並びは、どのように矯正できるのでしょうか。

一般的な方法は、ワイヤーを使った方法です。

歯が動くスペースが確保できない場合には、必要に応じて歯を抜いてスペースを作り出し、正しく並べるだけのゆとりを作ってから歯を動かす矯正を始めたりすることもあります。

全体的に歯を少しずつ動かすことになるので、治療期間は長くなりがちで、最低でも1年から2年はかかるとみておいた方がいいでしょう。

その他にも、マウスピースを使って正しい歯の並び方になるように少しずつ歯を動かしていくという方法もあります。

これは、年齢が低ければ低いほど動きやすいし痛みが少ないので、子どもにおすすめの方法です。

こちらのサイトをご確認ください。→http://www.kyouseisupport.net/

ただ、こうして矯正した後はきれいで自信が持てるような歯並びになりますから、した甲斐は絶対に実感できることでしょう。